片付け講座

片付けの苦手な人から、「不要な物を思い切って捨ててしまうことができません。どうしたらいいでしょうか。」という質問を、よくされます。 今回は、物を片付ける際に、思い切って捨ててしまうことができない人に向けて、ちょっとしたアドバイスを紹介したいと思います。 まず、思い切って物を捨てることは、物を粗末にしているということと勘違いしてはいけません。よく片付け上手な人として紹介される人は、潔く物を捨てています。そういった人達は、物の選び方、使い方、捨て時などを見誤りません。きっと物の価値を理解しているということでしょうか。つまり、物を大切にしているからこそ、思い切って物を捨てることができるということですね。 次に、物を捨てる時に、また使うかもしれないと迷って捨ててしまうことができないということが、よくあります。こういったときは、また使うかもと迷った物に、「期限」をつけてみてはいかがでしょうか。一ヶ月経って、三ヶ月経ってなどの区切りをつけて、その時点で使用しなかったものは捨てる。そうすれば、捨てようか迷っていた物も処分することができるようになります。 また、100円均一だから、バーゲンだからと、つい必要でない物まで衝動買いしてしまうことが、よくあります。物を捨てるかどうか迷う前に、不要な買い物は避けて、余分な物を増やさない努力も必要かもしれません。 片付かない部屋を見て、うんざりしていては、片付けのモチベーションもあがりませんよね。そういった時は、自分の部屋の好みのインテリアの雑誌の切り抜きを保存しておくのも一つの方法です。あまり背伸びをしないできる範囲のインテリアの理想を持つことによって、やる気も上がります。 物を増やすことは無意識にできますが、物を捨てるには意識しなければできません。片付けをして快適な生活を送っていただけると幸いです。この度、紹介させていただいたアドバイスを参考にして、春の新生活に向けて、片付けを始めていくのは、いかがでしょうか。 二俣川の駅ビルにある美容室、美容院