私が借金をした理由

自己破産における手続きにおいては、申請人は申し立ての書類を申し立てる人の住所地を監督する地裁に提出することとなります。

申請者からの申請書類があったら担当裁判官は、破産の承認をするべき事由が存在するかなどを審理する流れになって検討の完了したとき申し立て者に支払い不可な様態などといった破産受理の必要条件が十分備わっていた場合自己破産申請の認可がくだるのです。

けれども、自己破産申立の許可があってもそれのみでは借金がなくなったことにはなりません。

次は免責の判定をとることが必要なのです。

免責は破産申請の手続きの際に支払いが難しい返済額に対しては、裁判所により返済を帳消しにすることをいうのです。

簡単に言えば返済額を消し去ることです。

免責についても自己破産申請の認定の審理と同じで地方裁判所で審理があって議論の終了後免責の決定がくだされたとすれば自己破産者は負債から抜け出ることになり晴れて借金額は消滅になり、結果として、携帯ローンやカードが使用停止になることを除けば、破産判定者が被る不便から脱することとなります。

このとき、免責非承認(債務を無しにさせない)という判定がされると返済義務と自己破産判定者にもたらされるハンデは存在し続けることにならざるをえません。

法律の免責制は避けられない原因で多重の借金を抱え苦境に立たされている人々を助けだすために作られたルールです。

だから貯金を隠して破産申立の実行をするなど、地裁に向けて偽造の申請書を届けるなど破産制度を不正利用する人間や、賭けや買い物などの無駄遣いによって債務を作ってしまった方についてはその破産の承認過程をストップしたり免責扱いが許されることはありません。

破産の法律では免責の認可を受けることができない事由を先に提示した例以外でもいくつも明記しており、その理由を免責不許可事由と呼びます。
アイフルからの借金を全額返済した私の体験談