太郎のしつけ講座

ペットを買い始める時に、どうやってしつけを教えようか困る事があります。いざ、家にペットが来ても、そこら中でトイレをされては、これからの生活が不安になります。今回は、犬のしつけについて、ささやかなアドバイスを紹介したいと思います。 犬はおもちゃで遊ぶのが大好きです。遊んだ後に、片付けができるようになれば、おもちゃ遊びの違った形も増えていき、ますます犬と楽しく過ごすことができます。片付けのしつけの手順はいたって簡単です。おもちゃを飼い主のところに持ってきたら、なにか良いことがあると学習させてあげます。始めのうちは、たまたまおもちゃを飼い主のところにもってきたら、犬をなでてあげて褒めてあげます。褒めるだけでもいいですが、美味しいフードやおやつをあげると、犬のモチベーションもあがるので、学習する速度も速くなります。この作業を繰り返していくと、犬は良いことがあると思い、どんどんおもちゃをもってきてくれます。 次は、おもちゃを持ってきている最中に「もってきて」と声を掛けてあげます。「もってきて」という指示語を教えてあげましょう。行動と言葉が犬の中で結びつくと、「もってきて」という言葉に反応して、おもちゃをもって来てきてくれるようになります。 たまに、ご褒美のフードに気を取られてしまい、犬がおもちゃを持って来ないで、フードを貰うためにじっと待ちの姿勢になることがあります。そんなときは「待っててもあげないよ」など、声を掛けてあげましょう。無理におもちゃを持ってこさせようと、叱らないようにします。「待ち」という行動に、ご褒美はでないと教えてあげると良いです。 しっかりと片付けできた模様を、ブログなどに投稿するのも、しつけを楽しくする一つの方法です。我が家のペットが賢くできた様子を、他の人に見てもらうと、やる気があがります。この度、紹介させていただいたアドバイスを参考にしていただいて、犬との楽しい時間を過ごしていただけたら幸いです。 上大岡・久里浜の美容室髪風船